優良断熱材認証制度/EIマーク表示

「優良断熱材認証制度」とは、一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会(建産協)が優良な断熱材を認証し、その認証製品にEIマーク※によって性能をわかりやすく表示する制度です。
硝子繊維協会加盟各社では、2020年の省エネ基準(平成25年基準)の適合義務化を見据え、より高性能な優良断熱材に「推奨できる断熱材」としてEIマークを表示する取り組みを実施しています。
※EI=Excellent Insulation

1

EIマーク表示に関する硝子繊維協会の取り組み

硝子繊維協会加盟各社の住宅用グラスウール断熱材は、ほぼ全ての製品が優良断熱材に認証されていますが、認証条件をクリアする全製品にEIマークを表示するのではなく、下記条件を満たす製品にのみEIマーク建材トップランナーの目標値を表示しています。

 熱抵抗値2.2m2・K/W以上
(平成25年省エネ基準設計施工指針附則5において「木造の住宅充填断熱工法」の断熱材の熱抵抗値の基準[天井・壁・床])
 熱伝導率0.04156W/(m・K)以下(建材トップランナー目標値)

EIマーク 建材トップランナー制度に関する詳細はコチラ
EIマーク表示の断熱材がこれからの「優良断熱材」のスタンダードです。
EIマーク表示の断熱材をご使用になられることをお奨めします。
1

優良断熱材認証制度の概要

 認証の対象は

(1) 住宅と建築物の主要部位に使用されるもの。
(2) 熱抵抗値1.1[m2・K/W ] 以上、かつ熱伝導率 0.052[W/(m・K)]以下であること。(測定温度 23℃)
(3) JIS認証工場あるいはISO9001登録工場において安定した熱性能を適切な品質管理のもとに維持し、それらと同等の製品であること。
(4) 健康安全性及び環境への配慮がされていること。

 表示方法

表示する性能の内容は、熱抵抗値(R)・熱伝導率(λ)・厚さ(t)です。性能表示の下には、認証登録番号と認証登録会社名を表示します。
(1) 熱抵抗値(R) 単位:m2・K/W
(2) 熱伝導率(λ) 単位:W/(m・K)
(3) 厚さ(t)単位:mm
(4) 認証登録番号と認証登録会社名

 ユーザーのメリット

● 住宅に使用される断熱材の性能表示が統一されることにより、異なる種類、違うメーカーの断熱材の性能を、比較しやすくなります。
● 第三者機関の認証制度ですので、断熱材を使用する際に、安心してより高い性能の断熱材を選択することが可能になります。

Copyright © Glass Fiber Association. All Rights Reserved.