共同研究開発情報

硝子繊維協会は様々な研究機関、大学等と共同研究を行っております。
平成13年以降の共同研究については以下の通りです。

 北方建築総合研究所(旧寒地研)
H13 繊維系断熱材を用いた外張断熱工法の防火性能と音響特性評価
H14 繊維系断熱材を用いた外張断熱工法の防火性能と音響特性評価

H15

GW基礎断熱工法の耐久性および性能の確認
繊維系断熱材を用いた外張断熱工法の防火性能と音響特性評価

H16

GW基礎断熱工法の耐久性および性能の確認
繊維系断熱材を用いた外張断熱工法の防火性能と音響特性評価

H17 同上
H18 基礎断熱工法の設計情報の構築とグラスウールの適用に関する研究
H19 同上
H20 同上
H21 天井における断熱性能に影響を与える要因に関する研究
H22 繊維系断熱材の長期断熱性能維持に関する研究
H23 同上
H24 同上
H25 既存木造住宅の熱・湿気性能評価と断熱改修手法の構築に関する研究
H26 既存木造住宅の熱・湿気性能評価と断熱改修手法の構築に関する研究
木造高断熱壁体の防耐火性能の実大試験検証と評価手法の構築
H27 同上
H28 同上
H29 吹込み用繊維質断熱材の長期断熱性能の研究

 室蘭工業大学
H13 GWOSを基本にした簡易工法の開発
H14 次世代省エネ木造住宅におけるグラスウール断熱工法の検討
H15 夏型結露に関する研究
H16 断熱改修に関する施工法の研究(その1)
H17 断熱改修に関する施工法の研究(その2)
H18 断熱改修に関する施工法の研究(その3)
H19 断熱改修工法事例(東北)と次世代プラスαの工法提案
H20 付加200mm断熱工法の普及促進のための標準化
H21 断熱耐震改修事例集一覧
H22 Q1.0住宅の標準仕様
H23 Q1.0住宅の施工マニュアルの作成
H25 200〜300mm断熱住宅の施工マニュアル(+写真)
H28 繊維系断熱材充填による新しい高断熱工法【PDF】

 福岡大学
H13 蒸暑地域に適用できる次世代断熱工法と耐久性の向上
H14 蒸暑地域に適用できる次世代断熱工法と耐久性の向上
H15 蒸暑地域に適用できる次世代断熱工法と耐久性の向上
H17 高温多湿状態での各種断熱材の寸法変化および熱伝導率の低下の実験的研究
H18 断熱材の水分(湿気)に対する影響
H19 断熱材の水分(湿気)に対する影響(その2)

 その他の機関、大学
H13 住宅に使用する断熱材種類とLCCO2排出量に関する研究(宇都宮大学)
H15 外断熱に関する研究と情報収集(お茶ノ水女子大学)

H18

壁体内検証(新住協)
非防湿天井断熱の防露性に関する研究(岩手県立大学)

H19 普及型断熱工法の開発(建築研究所)
H20 天井断熱の防湿性能と小屋裏結露の関係(岩手県立大学)
H21 住宅内外壁防火性能分科会 SBI試験・模型箱試験(防団協)
H22 同上
H23 同上

Copyright © Glass Fiber Association. All Rights Reserved.