断熱エコリフォームの事例

小規模リフォーム 中規模リフォーム 大規模リフォーム
1

小規模リフォーム

外壁張替工事に合わせて、断熱工事を実施。

築10年を迎えた施主様から、外壁の改修と冬の部屋の寒さに関する相談を受け、床、壁、天井の断熱工事を同時に実施しました。

I様邸

プロの知恵

外壁の張替の要望があった中、冬場における暖房費が相当かかっているということでしたので、土台、胴差、桁廻りの外壁材をはが
して、グラスウールによる気流止め(※)を施すことを提案しました。

※気流止めとは
一般的な木造軸組工法(在来工法)では、壁と床との取合い部
分や、壁と天井との取合い部分に隙間が生じています。
このような隙間があると、外壁や間仕切壁内部で気流(空気の
流れ)が発生する状況となります。
この壁体内に発生する気流は、内部結露の発生要因のみなら
ず、壁体内に床下からの冷たい空気が流れることによる寒さを
感じる要因にもなります。

「壁と天井 の取り合い部」や「壁と床との取り合い部」など
に、気流止めの措置を施すと、壁体内の気密性が確保されま
す!

気流止めの必要個所

サーモグラフでみる、断熱材の効果例

断熱が効いていない住宅

局所冷暖房を行った場合、暖房のないトイレや台所ではほとん
ど冷え切った状態のままとなっています。

断熱が効いている住宅

小さなエネルギーで全室冷暖房が実現できるため、人の出入り
が少ないトイレや台所も快適な温度を整えることができます。

気流止めの効果

気流止めを施工すると室内の温熱環境が格段に上がるのが分か
ります。(実験棟における計測データ)

Before ここに困ってました!

寒いしカビ臭い…


新築10年目で比較的新しい家なのですが、
廊下やトイレ、洗面所等の暖房していない
ところが大変寒く、押入れはカビ臭く、
我慢、我慢の日々でした。物干し部屋も冬は使えず、
湿気だらけ。窓は常に結露の状態でした。

After 解決しました!

ヒンヤリせず、カビもなし!


廊下やトイレのヒンヤリ感もなくなり、
物干し部屋も使えるようになりました。
部屋の湿気もなくなり、快適な空間になりました。
大満足です。本当にありがとうございました。

施工前・施行後

ここを断熱リフォームしました!
壁:既存の外壁材を部分的に撤去して、土台上・胴差上下・桁下部分に気流止め(※)を施工しました。 天井裏に、既存のグラスウール10K100mmに加えて、吹込みグラスウール300mmを施工しました。夏場の暑さ対策もこれでOK。 床は既存ポリエチレンフォーム20mmに、グラスウールボード32K42mmを充填しました。
施工事例でわかる断熱リフォームのすすめ方「断熱エコリフォーム」冊子 冊子をダウンロードする
Get ADOBE READER

※ PDFを開くアプリケーションがない場合はADOBE
READERをインストールしてご覧ください。

Copyright © Glass Fiber Association. All Rights Reserved.