高断熱住宅のメリット


メリット03|快適に暮らせます


01|暖房していない部屋も暖かくなります

Question?

断熱すれば、家じゅう暖かいの?

Answer!

断熱性能が高い家は、暖房していない部屋や廊下、トイレ等も暖かくなります。

断熱性能を高めることで、暖房していないところでも温度差が小さくてすみ、家じゅうどこでも暖かく、温度差も少 なく、健康的で快適な居住環境が実現します。
暖房しているLDと暖房していないトイレとの温度差は、断熱性能が低い家では6.2℃もありますが、断熱性能が高い と2.0℃しかありません。

※アンケート調査であるため、正確な断熱性能は不明であるが、「断熱性能の低い家」は現行省エネ基準に満たない断熱水準の家、「断熱性能の高い家」は現行省エネ基準相当以上の断熱水準の家とされています。 出典:近畿大学・岩前研究室

02|暖房で暖めた室内の空気を屋外へ逃がしにくくなります

Question?

朝の台所仕事は寒くてつらい・・・なんとかならないの?

Answer!

断熱性能が不十分な家では、暖房で暖まった熱が早く外に逃げて冷え込むのです。「断熱」すれば解消しますよ。

断熱性能を高めると、夜、暖房を止めた後も暖かい熱を朝方まで外に逃がさず、早朝の台所仕事もラクになります。

03|暖房時の体感温度がより暖かく感じます

Question?

暖房しているのに、寒く感じるのは、なぜ?

Answer!

断熱性能が低いと、壁・床・窓の表面温度が低く、その冷気で寒く感じるのです。

壁の表面温度に注目してください。室温は同じ20℃です。壁の表面温度は断熱性能が低いと外気の影響で11.0℃ま で低下しますが、断熱性能が高いと14.8℃までしか低下しません。壁などの表面温度と室温を足して2で割った値 が体感温度の目安となります。

04|夏の暑さ対策にも有効です

Question?

夏を涼しく過ごすには?

Answer!

夏の暑さ対策のポイントは、「屋外の熱気を家の中に入れない。」そして、屋外が涼しくなったら、「家の中に涼しい空気を入れる。」の2点です。

日中、屋外の熱気を家の中に入れない工夫をしましょう!

断熱性能の高い家にすると、屋根や天井、壁からの熱の侵入を約70〜80%減らすことができます。窓からの熱の侵入 も大きいので、日射が窓にかからないように庇を付け、西日にはすだれを付ける等の工夫が効果的です。

ポイント1 :屋根・天井、壁からの日射熱の侵入をふせぐ。

面積が大きい屋根・天井・壁の断熱性能を高めて熱の侵入を減らすことが効果的です。

ポイント2:窓からの日射熱の侵入をふせぐ。

※数値は「日射侵入率」:日射熱の影響が室内に入ってくる割合。遮ることができるほど値は小さい。

▶︎ 夜間、屋外が涼しくなったら、家の中に涼しい空気を入れる工夫をしましょう!

夕方や夜になって屋外の温度が下がったら、窓を開けて風を通しましょう。
エアコンだけに頼らず、状況にあわせて賢く住まうことが大切です。

ポイント3:風の通り道をつくる。

夕方、夜になって屋外の温度が下がってきたら、窓を開けて風を通すことが効果的です。
風の入口と出口の2カ所以上窓を設置しましょう。

メリット|01
無駄なく暮らせます

断熱住宅は省エネになるの?

メリット|02
健康に暮らせます

断熱住宅は健康にいいの?

メリット|03
快適に暮らせます

断熱住宅は家中暖かいの?


各種資料

各種施工マニュアル

各種設計・施工業者様向け施工マニュアルのご案内

パンフレットダウンロード

硝子繊維協会発行各種パンフレットのご案内

硝子繊維協会

〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目21番16号日本ガラス工業センタービル2

ご連絡先

TEL:03-5937-5763
FAX:03-5389-6757
Email:mail-gfa@glass-fiber.net

Copyright © Glass Fiber Association. All Rights Reserved.