省エネ関連法規・基準

省エネルギー基準


省エネルギー法は、昭和55年、平成4年、平成11年に、基準値の変更を伴う改正があり、要求される性能レベルが高まり、さらに平成25年10月1日に省エネルギー基準が改正されました。


01|省エネルギー基準の概要

注1 従来の床面積当たりの熱損失量から、外皮表面積当たりの熱損失量(換気による熱損失量を除く)へ変更。
注2 部位別仕様表は、低炭素建築物認定基準にも適用。
注3 仕様基準は、当分の間適用可能で低炭素建築物認定基準には適用できません。
注4 開口部比率の大きい住宅では開口部の仕様を従来より強化等。平成25年改正省エネルギー基準での主な改正点は、以下の通りです。
(1)一次エネルギー消費量基準の導入
(2)外皮性能基準の変更
(3)地域区分の変更

 ▶︎ (1)一次エネルギー消費量基準の導入

平成11年基準では建物の外皮の熱性能のみの基準でしたが、建物全体の省エネルギー性能を評価する「一次エネルギー消費量」の基準に変更されます。

 ▶︎ 住宅の一次エネルギー消費量基準の考え方

評価対象となる住宅において、(1)共通条件の下、(2)設計仕様(設計した省エネ手法を加味)で算出した値(設計一次エネルギー消費量)が、(3)基準仕様で算定した建築設備(暖冷房、換気、照明、給湯)に係る一次エネルギー消費量に、家電等に係る一次エネルギー消費量を足した値(基準エネルギー消費量)以下となることを基本とする。

 〈住宅の一次エネルギー消費量基準における算定フロー〉

※1 家電及調理のエネルギー消費量。建築設備に含まれないことから、省エネルギー手法は考慮せず、床面積に応じた同一の標準値を設計一次エネルギー消費量及び基準一次エネルギー消費量の両方に使用する。
※2 コージェネレーション設備により発電されたエネルギー量も含まれる。

▶︎ (2)外皮性能基準の変更

▶︎  (3)地域区分の変更と外皮性能の基準値

地域区分の変更及び外皮平均熱貫流率(UA)と冷房期の平均日射取得率(ηA)は地域ごとに基準値が決められています。

 ▶︎ 外皮平均熱貫流率(UA)

 ▶︎ 冷房期の平均日射熱取得率(ηA)

詳細は国土交通省ホームページ内、「年間日射地域区分および暖房期日射地域区分」をご覧ください。

01|省エネルギー基準

02|住宅性能表示制度

03|その他関連法規・基準


各種資料

各種施工マニュアル

各種設計・施工業者様向け施工マニュアルのご案内

パンフレットダウンロード

硝子繊維協会発行各種パンフレットのご案内

硝子繊維協会

〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目21番16号日本ガラス工業センタービル2

ご連絡先

TEL:03-5937-5763
FAX:03-5389-6757
Email:mail-gfa@glass-fiber.net

Copyright © Glass Fiber Association. All Rights Reserved.