グラスウール(短繊維)の特長/環境性(リサイクル)

1

リサイクル原料の使用

グラスウールは家庭から回収されるガラスビン等の資源を主原
料として製造されています。また、製造過程で発生した端材や
廃材も原料に再利用しています。グラスウールは主原料の80%
以上にリサイクルガラスを使用しており、環境にやさしいリサ
イクル製品です。

2

リサイクルの取り組み

建設廃棄物の減量に向けて、グラスウールメーカー各社は、環境大臣の「広域認定制度」の認定を取得して、建設廃棄物のリサイクルに取り組んでいます。

3

廃棄の際の安全性

グラスウールは性質が安定しており生活環境上の支障を及ぼす
おそれが少ないと考えられる安定型産業廃棄物に分類されま
す。そのため、廃棄する際は安定型最終処分場に埋め立て処分
されます。
それに対して、埋め立てた時にしみ出す水が地下水などを汚染
する可能性のある産業廃棄物は管理型産業廃棄物に分類され、
管理型処分場に埋め立て処分されます。例えば、新聞古紙を再
生利用したセルローズファイバーは自然に優しいイメージがあ
りますが、管理型廃棄物に分類されます。管理型処分場では、
埋立地から出る浸出液による地下水や公共水域の汚染を防止す
るための設備が必要となります。

Copyright © Glass Fiber Association. All Rights Reserved.